~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

美容整形が主流の韓国の鼻尖縮小事情とは

韓国の鼻尖縮小(術)事情

日本と韓国で鼻尖縮小の治療がどのように違うのかを見ていきましょう。

日本に比べると韓国の方が美容医療に馴染みがあり、韓国ではヒアルロン酸注入は整形のうちに入らないとも言われています。このようにたくさんの人が整形を行う韓国では、施術費用も日本よりも安い傾向にあるのが特徴。鼻尖縮小であれば、日本のクリニックの相場が20万円前後であるのに対し、韓国では15万円ほどで施術が受けられます。ただし、クリニックによっては、外国人の患者に対して割増料金を設定していることがあるため、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

鼻尖縮小するなら日本と韓国どっちがお得??

お互いの意思疎通が重要

最近、韓国で鼻尖縮小をはじめとする美容整形を受けた人が国内のクリニックへ行き、修正治療を受けるというケースが増えています。この言葉だけを聞くと韓国のクリニックの方が、スキルが低いように感じてしまいますが決してそうではありません。むしろ、全体の医療技術の高さは韓国の方が上です。では、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょう。

答えは、患者が希望する仕上がりになっていないからです。韓国のドクターが施術した後の鼻は、とてもきれいな出来栄えで一般的には成功と言えるものですが、それが患者の理想と合致していないということがあります。もちろん、これは日本でも同じことが言えます。

これを防ぐために必要なのは、「言葉」です。しっかりとコミュニケーションを図り、細かなニュアンスまで汲み取ることが重要。その点からすると、国内のクリニックで治療を受けた方が良いかも知れません。

費用相場は韓国の方が安い

施術にかかる費用だけで考えると、日本よりも韓国の方が安いケースがほとんど。しかし注意しなければならないのは、施術以外にかかるお金がどれだけ必要かということです。まず、韓国へ行くとなれば、往復の飛行機代が必要となります。また、日帰りで施術を受けるというのはなかなか難しいため、宿泊費もかかってしまいます。これらのコストを総額で考えると結果的に日本で治療を受けた方が安かったということにもなりかねません。ですので、コストのことだけを考えて韓国で施術を受けるというのは、あまりおすすめできないというのが一般論です。

どんな時に韓国で施術を受ければいいの?

では、どのような時に韓国で施術を受ければよいのでしょうか。まず1つ目は、韓国でしか受けることができない施術を受けたい時。これは、日本では施術してもらうことができないので、韓国へ行かざるを得ません。

2つ目は、受ける施術とドクターが決まっている時。先ほど紹介しましたが、日本に比べて韓国の方が美容医療の技術は高く、名医と呼ばれるドクターも数多くいます。ですので、自分が受けたい治療が決まっていて、その施術において第一人者と呼ばれるようなドクターに治療をお願いしたいと決まっているのであれば、韓国へ行く価値があると思います。ただし、お互いの意思疎通をしっかりと行うためにも通訳と同行するようにしましょう。

韓国の鼻整形事情

とある韓国の芸能人がテレビで発言したことで有名な「韓国の芸能人は100人中99人が整形をやっている」という言葉。これが事実かどうかはさておいて、韓国は日本に比べて美容医療というものが身近にあることは間違いないと言えます。ここでは、韓国における鼻尖縮小について紹介していきます。

セット料金を設定しているクリニックが多い

韓国では鼻尖縮小に加え、鼻を高く見せるプロテーゼ術や鼻中隔延長術といった施術を「鼻整形コース」としてセットにしているところが多く見られます。これらの施術をまとめて行うことで、自分の理想の鼻に近づける可能性がグッと高まるのでおすすめ。もちろん、鼻尖縮小の施術だけを受けることも可能です。

通訳が必須

日本人同士でも意思の疎通がうまくいかず、トラブルになることがある美容医療。韓国のように海外で施術を受けるとなると、通訳が必ず必要となります。中には、韓国で日常生活に支障がないという人もいるかも知れませんが、医療の専門用語が分かるという人はほとんどいないと思うので注意しましょう。最近では、日本語に対応しているクリニックも増えてきていますが、念のため、通訳と同行するのがおすすめです。

また、通訳には、日本語ができる韓国人と、韓国語ができる日本人の通訳の2種類に分かれます。韓国人であれば、先生とのコミュニケーションを細部にまで行うことができたり、ローカル情報に詳しいことなどが期待できます。逆に日本人であれば、日本人の立場になって先生と話をしてくれたり、何より日本人というだけで安心感を得ることが可能です。どちらが正解ということはありませんが、自分にあった通訳と一緒にクリニックへ行くようにしましょう。

就職するために整形するのが当たり前

韓国では、若者の失業率が深刻化しており、履歴書の顔写真や面接での印象を良くするなど、仕事を得るために美容整形をするという人が急増しています。中でも容姿端麗であることが求められるキャビンアテンダントは競争率が高く美容整形が必須とも言われ、キャビンアテンダントを目指す人向けの特別メニューを設けているクリニックもあるようです。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。