~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

鼻尖縮小の痛みについて

鼻尖縮小手術が気になるけれど、痛みが不安…という方も多いのではないでしょうか?

こちらのページでは、鼻尖縮小手術に伴う痛みについて詳しく解説しています。

痛みは術後にじわじわ…?

鼻尖縮小手術後は、通常そこまで痛みが気になることはないようです。もちろん個人差はありますが、それほど心配する必要はないでしょう。インターネットの口コミなどを見ても、「痛みがツラい」といった内容はほとんど見つかりません。

ただ、人によって、術後数日間は軽い痛みが出る場合もあるようです。「痛くてどうしようもない!」「ズキズキ痛くて眠れない…」といった種類の痛みではなく、「軽い痛みがじわじわやってくる…」といった感じでしょうか。心配な方は、カウンセリングで医師によく確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、鼻先の皮膚は瞼の周りの皮膚などに比べてかなり固く厚いため、術後の腫れやむくみ、内出血などもそれほど出ないことがほとんどのようです。

痛み止めを処方しているクリニックも…

上で触れたように、鼻尖縮小の術後数日間、軽い痛みが出るケースもあります。

しかし、その場合はクリニックに相談すれば大丈夫。痛み止めの薬を処方してもらえるはずです。あらかじめ処方しておいてくれるクリニックもあるようなので、痛みが心配な方はカウンセリングで申し出てみましょう。

麻酔

鼻尖縮小手術における術後の痛みについて解説してきましたが、手術中の傷みはどうなのでしょうか…?安心してください。麻酔を使用するので、痛みを感じることはありません

では、鼻尖縮小手術の麻酔について詳しく見ていきましょう。

麻酔クリーム

鼻尖縮小手術を行う患部に塗るクリーム状の麻酔薬です。基礎化粧品のクリームに似た感触のもので、局所麻酔を行う際の注射針を刺す痛みを、ほとんど無くしてくれます。術式や患者の体質などによって、塗布量や範囲が調整されます。

この麻酔クリームは、クリニックによって使用する場合と使用しない場合があります。局所麻酔の際の注射針による痛みが心配な方は希望しましょう。

局所麻酔

手術中に感じる痛みを和らげるためにかける麻酔で、手術直前に行います。注射器を使いますが、事前に麻酔クリームを塗っていれば注射針による痛みはごくわずかです。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。