~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

鼻尖縮小は何歳からできますか?

鼻尖縮小は何歳からできますか?

基本的には、親御さんの同意があれば何歳でも施術が可能
杉浦功修院長
院長杉浦功修
一般的に成人(18歳以上)が多いですが、親御さんとご本人の強い希望があれば、しっかりとカウンセリングで話し合いを行って決めます。要相談ですね。
これまでで私が担当した最年少の患者さん(鼻の施術)は、18~19歳くらいの方です。

未成年の美容整形について

ルックスに対する悩みは、大人だけじゃなく中学生や高校生でもたくさんの人が持っているもの。親の立場からしても、「子供がそんなに悩むのなら整形させてあげたい…」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

では、実際、何歳から美容整形はできるのでしょう…?

親の同意があれば何歳でも可能

結論から言ってしまうと、美容整形に年齢制限はありません。何歳でも可能です。

ただ、18歳未満の場合、保護者の同意が要ります。18歳以上20歳未満の場合には本人で申し込めますが、保証人として親の許可が必要です。

また、カウンセリングにおいても親権者の同伴が必要となるでしょう。

親権者が本当に同意しているのかどうかを確認するための電話が入るケースもあり、基本的に未成年が自分だけの判断で美容整形を受けることはできません。

医療ローンについて

未成年者が美容整形を考えるとき、もうひとつ重要なことがあります。それは、施術代を払うためのローンに関してです。

18歳未満の場合、本人名義では医療ローンを組むことができません。そのため、親権者の名義でローン契約をする必要があります。18歳以上20歳未満なら収入さえあれば本人名義でローンを組めますが、親権者の連帯保証は必要です。

また申し込みの際には、保険証や免許証、パスポートなどの身分証明書にくわえ、学生証や印鑑なども求められるでしょう。

このように、未成年者が美容整形を受けたい場合には、必ず保護者の同意や同伴、連帯保証などが必要となるため、本人の意思だけで施術を決めるのは難しいといえます

もちろん、親の意思のみで行うこともできません。

本人が希望していて、保護者がちゃんと同意していれば、受けることが可能です。

10代で鼻尖縮小を考えている方へ
杉浦功修院長
院長杉浦功修
年齢制限はないので、未成年であろうと鼻尖縮小を受けられます。ですが、18歳未満の場合は親御さんの同意書が必要です。クリニックでのカウンセリングも親御さんの同伴を求められるでしょう。また施術費用を払う際、医療ローンを組む場合があります。18歳未満は本人名義でのローン契約ができないため、連帯保証として親権者の同意が必要です。逆に言えば、ちゃんと許可をもらえればどの施術も受けられます。きちんと話し合って施術するか決めることをおすすめします。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。