~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

鼻が曲がっていても、鼻尖縮小はできますか?

「曲がってる鼻でも鼻尖縮小はできるの...?」という疑問に、丁寧に回答しています!

鼻が曲がっている方でも、鼻尖縮小はできます
杉浦功修院長
院長杉浦功修
カウンセリングで鼻の状態を見て、実例やリスクもしっかり共有して出来ることと出来ないことを理解していただき、施術するかを決めていきます。
鼻が曲がっている理由は人によってさまざまで、鼻筋から曲がっている場合もあれば鼻先(鼻尖)だけが曲がっている場合、また顔全体で曲がっている場合も。いろいろなパターンがあるので、その原因に対して必要な施術を考えていくことになるでしょう。
また、曲がっている鼻に鼻尖縮小と併用して他の施術を行う場合には、基本的にプロテーゼやヒアルロン酸注射の選択となります。曲がっている原因を見極め、鼻尖縮小だけで解決できないと判断できれば、バランスを見ながら調整を相談していきます。

鼻が曲がってる人が鼻尖縮小と併用する施術

杉浦先生が回答しているように、鼻が曲がっている場合に鼻尖縮小と併用する施術としては、プロテーゼとヒアルロン酸注射が一般的です。

以下に、それぞれの施術について簡単な概要をまとめてみました。

プロテーゼ

軽度の斜鼻の場合、曲がった鼻の上にシリコンプロテーゼを挿入することによっても、歪みを軽減することができます。

ただ、この方法には、プロテーゼの加工に極めて高度な技術が必要。稚拙な技術だと逆に歪みが強調されてしまう恐れもあり、また将来的にズレが生じてしまう可能性もあるので、十分な注意が必要となります。

ヒアルロン酸注射

生まれつき、あるいは成長過程で鼻が曲がってしまった人、外傷や骨折で鼻が曲がってしまった人など、ほぼすべてのタイプの斜鼻に対応できるのがヒアルロン酸注射です。

なるべく左右対称な鼻になるよう、凹の部分に注入したり、凸の部分の反対側に注入したりして、バランスを整えます。

施術中に患者さん自身が鏡で確認しながら微妙な修正をできるのがメリット。一方で、あくまで鼻を太くすることによって左右対称に近付ける方法のため、左右非対称が強い場合・曲がりが大きい場合は、細く真っ直ぐな鼻筋を作るのが難しいというデメリットがあります。

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

鼻が曲がっていても鼻尖縮小を受けられるか不安な方へ

基本的には鼻尖縮小を受けることはできます。ですが、どう曲がっているか実際に診察してみないとわからないので、まずは気軽に相談にいらしてください。施術によってできること、できないことがあるので、まずはその点をご理解いただけるようにカウンセリングいたします。
場合によっては、鼻尖縮小と併用してほかの施術を行なう場合もあります。その場合は、一般的にプロテーゼとヒアルロン酸注射のどちらかの施術になるでしょう。鼻のバランスをみながら最終決定をいたします。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。