~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

鼻尖縮小したことがばれない?

「鼻尖縮小がばれないか心配…」という方のために、ばれる可能性や、ばれにくくするためのコツなどを紹介しています。

鼻尖縮小したことがばれることはない?

ばれる、ばれないは感じ方に個人差があるので難しい
杉浦功修院長
院長杉浦功修
人によるのでハッキリと回答するのは難しいですね。
手術を担当する医師の技術や経験によって、術後の腫れ具合は変わってきます。腫れが少ない場合は、結果的にばれにくいかもしれませんね。そのため医師(クリニック)を選ぶ際は、大きな施術を勧める医師よりも、 “最小限の施術で最大の効果を出せる”選択肢を考えてくれる医師を選ぶのがよいでしょう。
また、腫れに関しては、目安として1週間程度をみておくと安心です。ただ、殴られた後のような明らかにおかしい腫れを想像する方もいらっしゃいますが、こういう施術でそのように腫れることはありません。「何となく大きい…」といった感じの腫れなので、そこまで不安になることもないですよ。

実際に鼻尖縮小を行った施術したYumiさんの感想

体験者Yumiさん
Yumiさん

鼻尖縮小をしたあと、ばれるかどうかと言えば、正直、見る人によるかも知れませんね。少なくとも、小さいときから私の顔を日常的に見ている家族には、ばれました(笑)

ばれたというよりも、実は、最初から施術を受けることをばらしていたんです。施術が終わって帰宅したら、家族から「別人のよう」と言われました。鼻は顔の印象を大きく左右する部分なので、少なくとも家族に隠すのは難しいかも知れませんね。

ただ、鼻が小さくなってほうれい線が消えたので、見方によっては「痩せただけ」という印象に持っていけるかも知れません。職場の人に指摘されたら、ダイエットをしたと言ってごまかすつもりです。

ちなみに鼻尖縮小は術後3日ほど腫れることがあるということ。念のため、私は施術翌日に有給を取りました。

Yumiさんが受けた鼻尖縮小の体験の様子も見てね!

施術後の腫れについて

鼻先というのは、硬さがあって腫れにくい部分です。そのため、手術から約5日後には、ほとんど見た目の不自然さを感じることはなくなっているでしょう。ただ、一応1週間程度はみておくと安心です(もちろん個人差があります)。

その後徐々になじんでいき、むくみなども完全に引いて鼻尖縮小が完成するのは、3~6ヶ月経過後となります。

施術後のごまかし方

ギプスやテーピングをする場合でも、マスクでごまかすことができます。どうしても仕事や学校を休めない方など、翌日からマスクをして外出する方もいるようです。

また、ギプスやテーピングが取れた後は手術部位のメイクも可能になるため、腫れやむくみが気になる方はファンデーションの色でごまかすこともできるでしょう。明るめのファンデーションと暗めのファンデーションをうまく使ってメリハリを出してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、東京ヒルズクリニックではギプスを使わない鼻尖縮小を行っています。

ばれない整形は全体のバランスが大切

ばれないための1つの条件として“全体のバランス”が挙げられます。つまり、目や口、フェイスラインといった他のパーツとのバランスです。

顔立ちは人それぞれに違うため、似合う鼻の形や高さも人によって違います。もともとの自分の顔立ちやバランスに合った鼻の整形ならよいのですが、それを無視して理想の鼻の形や高さばかりに執着した整形をしてしまうと、顔のバランスが不自然になってよりばれやすくなる可能性が高いです。

参考までに、自分の顔に合った美鼻をつくるための7つの条件をチェックしてみてください。人が見て美しく感じる顔の比率、いわゆる「黄金比」から導き出した7つのポイントです!

  • 鼻の横幅が目の横幅と同じ
  • 鼻筋の始まる位置が上まぶたと同じ高さ
  • 額:鼻:顎=1:1:1の比率
  • 鼻下から下唇の下、下唇の下から顎までが同じ長さ
  • 下から見たときに、鼻の穴の長さが2/3程度の縦長で、全体が正三角形
  • 鼻と鼻の下の角度が90度
  • 横顔で、鼻先と顎先を直線で結んだ線の中に、唇が少し内側に入るか同じくらい
杉浦功修院長
院長
杉浦功修

鼻尖縮小したことがばれないか心配の方へ

個人差があるとはいえ、鼻先は硬さがあるので比較的腫れにくい部分です。医師の腕によっても腫れ具合が変わってくるので、鼻尖縮小がばれないか心配な方は、経験豊富で確かな技術がある医師がいるクリニックを選びましょう。 施術の腫れは5日後にはある程度落ち着くうえに、マスクでごまかせる部分なので、相手に違和感を与えるほどではありません。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。