~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

妊娠・授乳中でも鼻尖縮小はできますか?

妊娠中・授乳中であっても鼻尖縮小術ができるかどうかについて、丁寧に解説しています。

妊娠中は絶対にできません。お断りしています
杉浦功修院長
院長杉浦功修
授乳中も、お薬や麻酔があるので基本的にはおすすめしていません。「どうしてもやりたい」という場合は、いろいろとある規制について理解していただいた上で、授乳を決まった期間、ストップしてもらうなどご協力いただければ施術可能です。

妊娠中に整形するリスク

【妊娠中】

妊娠中の女性

まず妊娠中の施術に関しては、すべての施術をお断りしているクリニックが殆どです。

麻酔はもちろん、ヒアルロン酸などの注射系治療でも、母体には多少のストレスがかかります。胎児に特別大きな影響がないと考えられるものであったとしても、「念のため行わない」という方針をとっているクリニックが多いです。

美容整形に限らず、医療行為というのは、主作用が副作用を上回る場合にのみ行うという原則があるのです。

【授乳中】

授乳中の女性

一方で授乳中に関しては、医学的に多くの治療が施術可能です。

ただ、施術を行う上で麻酔や薬の服用が必要になることが殆どのため、あまり推奨されないことが多いです。内服する薬によっては、その成分が母乳に移行してしまうものもあります。

どんな薬を処方するのかはクリニックや受ける施術の種類によって異なりますが、授乳中はあらゆるリスクを考えるべきです。

どうしても授乳中に施術したい場合には、医師とよく相談し指示に従ってください。

どちらにしても、出産後や授乳中は身体がデリケートな状態になっています。大きな負担がかかる施術は、授乳が終わってから行うのが無難です。

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

妊娠・授乳中に鼻尖縮小を考えている方へ

妊娠・授乳中のいずれも鼻尖縮小術は控えた方がよいでしょう。薬の服用や施術中に麻酔の使用があるため、母体への影響が懸念されます。美容整形は悩みを解消へと導きますが、一番大切なのは患者さんの身体です。負荷やリスクを考え、ほとんどのクリニックが妊娠中の施術を推奨していません。
ですが、授乳中は施術を受けられる場合があります。さまざまな条件をクリアする必要がありますので、医師とよく相談し施術するか判断して下さいね。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。