~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

プロテーゼが入っているけど鼻尖縮小はできる?

「鼻尖縮小で鼻先をシュッと細くしたいけれど、鼻にプロテーゼが入っているから施術できるか不安…」という人も多いのではないでしょうか?

このページでは、鼻にプロテーゼが入っていても鼻尖縮小術が行えるかどうかについて、分かりやすく解説していきたいと思います。

プロテーゼが入っているけど鼻尖縮小はできる?

プロテーゼが入っている場合は、要診察です
杉浦功修院長
院長杉浦功修
できる場合もあります。
ただ、できても効果がなかったり、感染やプロテーゼが曲がるリスクを伴う場合もあるので、まずはしっかりプロテーゼの状態を診せていただきます。
そのうえで、施術が可能かどうか、そして可能な場合は効果が得られるかどうかをしっかり診て、患者さんとよく相談しながら決めていくことになるでしょう。

プロテーゼでだんご鼻は解決できる?

プロテーゼを入れている女性

シリコン製のプロテーゼを鼻に挿入する隆鼻術は、鼻を高くしたり、鼻筋をスッと通したりすることを目的に行う施術です。目と目の間辺り~鼻先の上までを高くすることができ、その効果は半永久です(鼻の穴の内側から入れるので傷跡は目立ちません)。

このプロテーゼによる隆鼻術は、あくまでも鼻の高さを出すための施術であるため、直接的に鼻先の丸さ・膨らみを解消することはできません。しかし、鼻筋がスッと通って鼻全体が高くなることで、結果的に鼻先の丸さ・膨らみが目立たなくなるケースもあります。

したがって、もともとの鼻の形や状態によっては、だんご鼻の解消に繋がることもある、と言えるでしょう。

プロテーゼと鼻尖縮小を併用する効果

鼻が低くて鼻筋が通っていないのに加えて、鼻先が丸いだんご鼻に悩んでいる場合、プロテーゼによる隆鼻術と鼻尖縮小を併用することも1つの方法です。鼻の低さ・鼻筋の無さをプロテーゼで解消し、鼻先の太さ・丸さを鼻尖縮小で解消するのです。

ちなみに、元々の鼻の形や悩みの程度によっては、プロテーゼだけで2つの悩みが解消できることも。上で紹介したように、プロテーゼで鼻が高くなったことで鼻先の丸みが気にならなくなるケースもあるからです。

また同様に、鼻尖縮小だけで2つの悩みを解決できることも。鼻の低さが軽度の場合は、鼻尖縮小で鼻先を尖らせることによって鼻の低さが気にならなくなるケースもあります。

どちらか一方の施術で2つの悩みが解決しない場合は、施術を併用する選択肢が検討されます。

鼻尖縮小とは

鼻尖縮小とは、簡単に言えば、鼻先を細くする施術のこと。

丸みを帯びた鼻の先を細くすることで、だんご鼻などをシャープな印象の形に仕上げる施術です。

切る施術と切らない施術とがありますが、いずれの施術法でも程度の差はあれダウンタイムがあります。

術後3日程度はやや痛みが続き、手術1週間程度は違和感が続きます。

他の美容整形と同様、確率が低いとは言え、施術にリスクがあることは把握しておきましょう。医師の経験不足、技量不足により、鼻先を洗濯ばさみでつまんだような「ピンチノーズ」になることもあるようです。

鼻尖縮小の方法について詳細を見る

プロテーゼとは

鼻にシリコンプロテーゼを挿入する施術のことを、一般に隆鼻術、または単にプロテーゼ挿入と言います。

鼻に高さを出したいときや、鼻筋を通したいときに有効な施術です。目と目が離れている人がプロテーゼを受けると、左右の目の距離が近づいた印象にもなります。

プロテーゼ挿入後は、3~7日ほど大きな腫れが続きます。個人差はありますが、おおむね1~2週間ほど経てば腫れは引いていくでしょう。

なお鼻が完成形になるのは、施術から1ヶ月後とされています。

まれにある失敗として、術後にプロテーゼの輪郭が浮き出てしまうことがあります。

経験の豊富な信頼できるドクターに施術してもらうようにしましょう。

プロテーゼでだんご鼻を解消したい方はこちら

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

直接、医師に相談してみましょう!

鼻にプロテーゼが入っている場合、鼻尖縮小ができる場合もあれば、できない場合もあります。診察して見なければ分からない、というのが実情です。
診察が必要な理由は、プロテーゼが入ったまま鼻尖縮小を行うと、プロテーゼが曲がったり感染を起こしたりするリスクがあるためです。
診察の結果、これらのリスクがないと判断できれば問題なく施術可能です。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。