~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

メイク編 だんご鼻を解消する方法

だんご鼻をごまかせるメイクアップ方法について解説しているページです。実際のメイク動画も載せているので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね!

だんご鼻を解消するメイクを紹介

だんご鼻を解消するためのメイク方法としては、ノーズシャドウとハイライトを使って陰影を出すことにより鼻筋をスッキリ見せるという方法がおすすめです。

実際にメイクを実践している2つの動画を見つけたので、ぜひ動画を見ながら試してみましょう!

ノーズシャドウの入れ方

ノーズシャドウでスッとした鼻筋を演出

  1. まずは鼻周りのくすみをコンシーラーでカバーしましょう。くすみがちな小鼻の際を中心にコンシーラーをのせ、しっかりと伸ばしてくすみを消します。
  2. 次に、鼻筋の両際と鼻の先に薄くローライトを入れましょう。スティックローライトが使いやすいですよ。このステップにより、鼻筋がきれいに際立ちます。
  3. ローライトを入れたら、次は鼻筋と、ステップ2で入れた鼻筋のローライトと目の間にハイライトを入れましょう。こちらもスティック状のハイライトが使いやすくておすすめです。
  4. ローライトとハイライトが入ったら、自然な見た目になるようぼかします。スポンジを使って、ハイライト→ローライトの順で丁寧にぼかしましょう。
  5. 仕上げに、ヨレを防ぐパウダーをのせたら完成!ローライトの上にはアイブロウパウダーの中間色をブラシで、ハイライトの上にはハイライトパウダーを指にとって、丁寧に重ねていきましょう。

動画で使用されたノーズシャドウはこちら★

ケイト アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系

引用元:カネボウ(https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/2020839)

商品名:ケイト アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系(カネボウ)

自然なふんわり眉や鼻すじに陰影をつけて、立体的なデザインを形作るアイブロウ。濃中淡3種類のパウダーが入っていて使い分けが可能です。眉尻まで丁寧に書けるアイブロウブラシとノーズシャドウブラシの2つが付属品でついてきます。

オープン価格 1,081円
色種類 2種類
動画で使われた品番 EX-5
香り 不明
販売場所 Amazon、楽天

整形級?!だんご鼻を解消するメイク方法

お次も、基本的には上で紹介したメイク方法と同じ。色の陰影を使って、鼻筋をすっきりと見せていく方法です。具体的なコスメも紹介されていてとても参考になるので、まずは動画をチェックしてみましょう!

ハイライトですっきりした鼻を演出

  1. アイブロウパウダーの真ん中の色をブラシにとり、鼻筋の影をつくります。スタートは眉頭辺り。鼻先まで1本で引いてしまうと不自然になりがちなので、鼻の真ん中あたりで止めます。くっきりし過ぎてしまったらぼかしましょう。
  2. 次はハイライト。動画では、百均の「HANATAKA POWDER」を使用していますね。鼻の真ん中に細く塗り、スッとした鼻筋を強調します。指で塗ると太くなりがちなので、アイシャドウチップがおすすめです。

動画で使用されたノーズシャドウはこちら★

商品名:エルファー ハナ高パウダー(ダイソー)

少量でもハイライト効果が期待できる100円均一のパウダーです。細かいパールホワイトのパウダーで、鼻を高く見せるハイライトに使えます。量も多く、使い勝手がよいものの、粉が舞いやすいのでプレストにして使う工夫をするのがおすすめです。

オープン価格 108円
色種類 パールホワイト/パールピンク
動画で使われた品番 パールホワイト
香り 不明
販売場所 ダイソー

【がっつりメイクさん向け】ベースからだんご鼻を解消!

  1. 自身の肌よりも濃い色のリキットファンデーションを選択。ブラシを使って鼻先に塗ります。
  2. 鼻すじを挟むように2ヶ所、鼻の穴に引っかかるくらい下まで塗っていきます。
  3. 2ヶ所の間隔をなるべく狭めて立体感を出しましょう。
  4. ブラシで塗り終わったら、指で軽く縦に伸ばします。ファンデーションを外側に向けて横に広げると、鼻がのっぺりしているように見えるので気を付けましょう。
  5. 鼻と目の間にブラシを置いて目の形に添って色を入れていくと、立体感が出て鼻が高く見えます。
  6. 鼻だけ塗って終わると浮いて見えるので、眉下にもファンデーションを塗っていきます。
  7. 口元はファンデーションではなく、茶色のフェイスパウダーを使用して、唇の形に添って影をつくっていきます。
  8. 全体のバランスを見て、顔が自然な凹凸になっていたらメイク完了です。

影を入れると顔に凹凸があるように見せられるので、鼻すじが通ったホリの深い顔立ちになります。顔立ちがはっきりしていると、鼻ではなく顔全体に目がいくのでだんご鼻をうまく隠すことができます。

使用するリキットファンデーションやフェイスパウダーは、手頃な価格で買えるプチプラで問題ありません。

動画で使用されたノーズシャドウはこちら★

KATE リキッドタッチパウダーファンデーション フォーカバー

画像引用元:Amazon(https://www.amazon.co.jp/カネボウ-KATE(ケイト)リキッドタッチパクト-OC-C【自然なオークル】/dp/B00LVG21WW)

商品名:KATE リキッドタッチパウダーファンデーション フォーカバー(カネボウ)

パウダーなのに、仕上がりに粉感がなくまるでリキッドのように仕上がるのが特徴のリキッドタッチパウダー。肌なじみの良いフィット感となめらかさがあり、肌の毛穴や赤みをカバーしてくれます。ノーズシャドウとしての利用できるアイテムです。

オープン価格 2,800円
色種類 7種類
動画で使われた品番 data
香り 不明
販売場所 Amazon、楽天、ドラッグストア

派手顔にしたい方はシェーディングの入れ方をマスターすべし!

  1. ブラッシャーを手につけて馴染ませます。
  2. 鼻のへこみにラインを引いていきます。
  3. 眉頭の延長線上にもラインを引きましょう。
  4. 2でつけた鼻のラインと3でつけた眉頭のラインを繋げて、手で伸ばして馴染ませてください。
  5. あごの下にもブラッシャーを引くと、唇がキレイに見えて華やかになります。
  6. クリーム色の明るいトーンのハイライトを、眉間から鼻先(Tゾーン)にかけて縦に細く入れていきます。
  7. 目の下にもハイライトを入れて、顔全体に凹凸を作っていきます。
  8. 目の内側と外側にハイライトを入れる場合、目の形に添ってくの字に入れましょう。
  9. ブラシでくるくると丸くあごの下にもハイライトを入れてメイク完了です。

華やかな派手顔にしたいなら、顔の凹凸をつくることが重要です。だんご鼻のままだと凹凸がつくりにくいので、シェーディングで陰影をつくって立体感を出しましょう。

シェーディングの入れ方をマスターすると、鼻すじが通って見えるのでだんご鼻が気にならなくなります。ブラッシャーやハイライトを駆使して、派手顔になるにはどこをシェーディングするべきか、自分の顔のパーツをきちんと確認してバランスを取りましょう。

動画で使用されたノーズシャドウはこちら★

画像引用元:NARS公式(https://www.narscosmetics.jp/blush)

商品名:ブラッシュ(NARS)

粉質は滑らかで、キラキラと輝くブルーパールが特徴です。肌に乗せるとブラウンにブルーパールがキラキラと光り、上品なツヤが出ます。つけすぎは厳禁ですが、軽く入れれば立体感のある大人メイクに。

オープン価格 3,400円
色種類 28
動画で使われた品番 不明
香り 不明
販売場所 Amazon、楽天市場

【ばれない】ノーズシャドウテクニック

  1. 人差し指に取ります
  2. 左右の人差し指を合わせて均等に広げます
  3. 両方に均一になったら、
  4. 理想の鼻の幅を決めます(自分の鼻で鼻筋がしっかりしているところを目安に)
  5. だんご鼻が気になる部分につけていきます(鼻筋がはっきりしているところはあまりつけません)
  6. 横から見た際にノーズシャドウの線が鼻筋に対してまっすぐかを確認
  7. 地面に対して垂直に入れる
  8. 最後に鼻先だけ内側に折るように入れると、鼻先がきれいに見えます
  9. ぼかす際は内側から外側へ広げるようにぼかします
  10. 鼻の上側にも少し伸ばす
  11. 反対側も両方終えます
  12. 最後にパウダーを塗って仕上げ(下地とパウダーでノーズシャドウを挟むように)

だんご鼻は鼻筋をきれいに魅せることが重要です。だんご鼻でも鼻筋が通っている部分は触らず、だんご鼻のふくらんでいる部分などにノーズシャドウをつけて鼻筋をきれいに見せましょう。強めに入れすぎると、きつい印象をあたえてしまうので注意が必要です。

ノーズシャドウをまっすぐ引けているか、横から確認するのも忘れないでください。

落ちにくいチャコットのフォープロフェッショナルズ・ヴァリエペインを使うことで、汗をかきやすい時期や花粉が舞う時期でも、長持ちさせられます。

動画で使用されたノーズシャドウはこちら★

画像引用元:チャコット公式(https://shop.chacott.co.jp/product/detail503604-0504-58_070.php)

商品名:フォープロフェッショナルズ ヴァリエペイン ライニングシリーズライトブラウン(チャコット)

重ね塗りをしやすく、ムラになりにくいのが特徴。ノーズシャドウとしてだけでなく、目元・チーク・リップと幅広く使用できるアイテムです。クリームタイプで汗や水に強く、ステージに立つ場合に最適です。

オープン価格 800円
色種類 8種類
動画で使われた品番 不明
香り 不明
販売場所 Amazon、楽天、ドラッグストア

【本当のシェーディング】顔全体のシェーディングで忘れ鼻を作る

  1. 柔らかい毛が密集している平たく細めのブラシを用意します
  2. 指先を当てながら、自分の骨の位置を確認します
  3. フェイスライン・鼻筋・頬骨のくぼみを確認
  4. 眉頭から沿うように触りながら鼻筋を確認
  5. 眉頭から鼻の骨に沿ってシェーディング
  6. ブラシでぼかしていきます
  7. 眉頭の下から鼻の付け根まで濃いグラデーションを入れます
  8. 鼻の付け根から小鼻はサッと伸ばすぐらいのグラデーションを入れます
  9. 逆も同じように行ないます
  10. 笑った場合の自然感を出すため、頬骨のくぼみに沿ってシェーディングを入れます
  11. 逆も同じようにやります
  12. 髪の生え際や首の境目を中心にぼかしを入れます

シェーディングの入れ方は人の骨格によって違うので、最適な入れ方を見つけることが大事です。自分の骨格に必要な影を入れると自然に仕上がります。雑誌でさまざまな方法が紹介されていますが、骨格から現れない影を入れると不自然になるので注意してください。

またシェーディングをして下に塗ったファンデーションが崩れる場合は、油分に注目すると良いでしょう。パウダーとスティックだと、スティックの方が油分の多いものです。メイクは油分で崩れるため、油分が多いものを使ってこすりすぎるとベースメイクが剥がれると覚えておきましょう。

動画で使用されたノーズシャドウはこちら★

画像引用元:エチュードハウス公式(https://www.etudehouse.com/jp/ja/products/detail/103006007)

商品名:プレイ101スティック(エチュードハウス)

ノーズシャドウとしても使えるのはもちろん、アイシャドウ・リップ・チークと幅広く使えるスティックです。スティックなので、鼻筋や骨格に当てながら入れるのも簡単に行なえます。複数のカラーをミックスして、自分の好むカラーへ仕上げることも可能です。

オープン価格 1,728円
色種類 12種類
動画で使われた品番 #18
香り 不明
販売場所 Amazon、楽天

【オルチャンメイク】白のシャドウで、脱だんご鼻メイク!

/p>

リキッドファンデーションを使ったシェーディング

  1. 眉頭の少し下のくぼみから沿って、曲線で鼻上と瞼まで入れます
  2. スポンジで叩き込みながらぼかしていきます
  3. 小鼻にもシェーディングを入れます
  4. 横幅の細いブラシを使って鼻筋に沿うようにハイライトを入れます
  5. 眉頭のすぐ下にもハイライトを入れると明るさが出ます

パウダーを使ったシェーディング(鼻を長く見せる)

  1. 眉頭の少し下のくぼみから入れます
  2. 細さを意識しながら下に移動させていきます
  3. 小鼻のところは暗くしない(頬からの反射があるので入れない方が事前)
  4. ノーズシャドウで一番黒くするところは、鼻のもっとも高いところのすぐ横
  5. V字になるように意識して鼻先にハイライトを入れます
  6. 小鼻周りにも少しハイライトを入れます
  7. 唇の上にもハイライトを入れます

落ちにくいテクスチャ―の重なりを意識する場合は、リキッドタイプの上にリキッドタイプを重ねる、リキッドタイプの上にパウダーを重ねるなどさまざまな工夫ができます。鼻筋にはっきりしすぎたラインを入れすぎると、舞台役者のようになってしまうので気をつけましょう。

鼻が曲がっているという悩みを抱えている場合は、真っ直ぐのラインを意識しながら入れることできれいに見えます。

メイクでだんご鼻をごまかすポイント

  • シャドウで鼻筋の両脇に影をつくる
  • ハイライトで鼻筋を強調させる

この2つがポイントになっていましたね。ぜひ実践してみてくださいね!

だんご鼻メイクの注意点

鼻筋

真っ直ぐ入れすぎると鼻筋が強調されすぎてしまうので、ぼかす・軽く入れるなど工夫しましょう。

骨格を意識してシェーディング

骨のくぼみを確かめながらシェーディングを入れることで、自然な仕上がりになります。特に眉頭は仕上がりに影響を与えるので確認しながら入れましょう。

小鼻周辺の反射光も意識

小鼻は肌からの反射光で明るく見えるのでハイライトを入れて補強する、くすんだカラーを選ばないようにするのがポイントです。

ベースメイクが剥がれないように注意

ノーズシャドウをぼかしていると、油分の関係でベースメイクが剥がれる可能性があります。パウダーやスティックを使う際は、自分のやり方に合った方を選ぶとメイクが剥がれずにだんご鼻を隠せます。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。