~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

BNLS注射でだんご鼻を解消

だんご鼻が「BNLS注射」で修正できるかについて解説。施術の概要や改善できる鼻の悩み、メリット・デメリットにくわえ、リスクやダウンタイム、失敗例などについてもしっかり紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

BNLS注射でだんご鼻を解消できるか徹底リサーチ!

BNLS注射の概要

BNLS注射とは、専用の薬剤を皮膚下に注入することで脂肪を溶解できる施術。シェイプアップに効果的として国内でも普及してきています。

注射を打つだけという手軽さからも人気が高く、今のところ大きな副作用や事故等は報告されていません。メスを使わないため、痛みや腫れもあまりないのが安心です。

天然成分が配合された薬剤は保湿や引き締め、血行促進効果なども期待できるようです。

改善できる鼻の悩み

鼻にはそもそも脂肪なんて付いていないでしょう?と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、鼻の先端や小鼻のわき、鼻筋などには意外にも皮下脂肪が付きやすく、その部分に注射を打つことで、脂肪が溶解されて形がすっきりとするケースもあるのです。

  • だんご鼻、にんにく鼻が気になる
  • 小鼻や鼻先をすっきり整えたい
  • 鼻を小さくしたい

どのようにだんご鼻を改善できるのか?

軟骨が横に広がりがちなだんご鼻は、皮下脂肪が付きやすい状態にあります。脂肪が付くとより大きく見えてしまいますが、BNLS注射を打つことで、骨周りに蓄積した皮下脂肪を分解してシルエットをすっきり小さくすることができるのです。

(骨そのものが大きく、脂肪が付いているわけではないだんご鼻の場合、BNLS注射では効果が得られません。)

メリット・デメリット

【メリット】

手軽にできるのが大きなメリット。メスを入れる施術ではないため、身体への負担も少なくて済みます。また、施術時間やダウンタイムが短いのもメリットのひとつといえるでしょう。

【デメリット】

どれくらいの効果が得られるかは、個人差が大きいため実際に施術を受けてみないと分かりません。また、BNLS注射は脂肪を溶かすための施術なので、脂肪があまり付いていないだんご鼻の場合は、そもそも効果が期待できません

BNLS注射後のダウンタイム

  • 術後の通院…なし
  • 腫れ…術後すぐでも腫れはわずか
  • シャワー…施術当日からOK(当日は、身体が温まって血流が良くなると腫れが出やすいため、お湯につかるのはおすすめできません。どうしてもつかりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内)つかる程度にしておきましょう。)
  • メイク…施術当日からOK
  • 洗顔…施術当日からOK

BNLS注射のリスク

  • アレルギー…身体が薬剤に過剰反応し、アレルギー反応を起こしてしまうケースも。万が一重篤なアナフィラキシーショックなどが起きれば命にも関わります。過去にそのような経験があれば、必ず申告しておきましょう。
  • 毛穴の目立ち…もともと鼻は毛穴が目立ちやすい箇所ですが、脂肪が落ちることによって、毛穴がより大きく目立ってしまうケースもあります。

BNLS注射の失敗例

BNLS注射の失敗例として最も多いのは、効果がなかった…というケース。もともと鼻に多く脂肪が付いていない場合は、脂肪が減ったとしても見た目の変化は得られません。注意しましょう。

BNLS注射の相場

1本あたり8,000~14,000円程度のクリニックが多いようです。

ただし、複数本打つことで1本あたりの単価を安くしたり、「初回1本お試し4,500円」「初回のみ何本でも6,000円」といったキャンペーンを設けているところも少なくありません。

希望本数と予算はよく考慮して判断しましょう。

よく併用されるその他の施術

軟骨が張っている場合などは、鼻尖縮小手術と併用することでより効果が出ます。

杉浦先生の見解

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

正直、「BNLS注射で鼻先が小さくなった」という患者さんの声はあまり聞いたことがありません。

そのため、私のクリニックでも基本的には行っていないです。そもそも鼻の脂肪細胞というのはもともと少ないので、脂肪を溶かす注射をしたところで、変化を出せるとは思えません。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。