~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

鼻中隔延長術でだんご鼻を解消

「鼻中隔延長術」によってだんご鼻が修正できるかどうかを解説。

手術の概要やだんご鼻へのアプローチ、メリット・デメリットにくわえ、ダウンタイムやリスク、失敗例、また料金相場などもまとめています。

鼻中隔延長術でだんご鼻を解消できるか徹底リサーチ!

鼻中隔延長術の概要

鼻中隔(鼻の穴を左右に分けている壁)を延ばして鼻筋を長くする施術。鼻先を下に向けることができるため、いわゆる「ブタ鼻」の改善を目的にして行うケースが多いです。

自分の耳介軟骨もしくは肋軟骨を、鼻先に(柱になるように)移植して下方に延長するのが一般的。

耳介軟骨は耳の後ろからとるため傷跡は目立ちません。肋軟骨はバスト下を3cmほど切開して採取。傷跡は時間が経てば目立たなくなります。耳介軟骨を移植するのは鼻先で、より長い鼻(外国人のような)を目指すのであれば肋軟骨を含めた移植を行います。

改善できる鼻の悩み

鼻が短い、鼻が上向きでブタ鼻っぽい、鼻の穴が見えやすい、鼻の下が長く見えてしまうといった悩みを解決できる施術。鼻先がすっきりと整います。

また、鼻先に高さ・長さが欲しい場合や、L型プロテーゼによって鼻が上向きになってしまった場合などにも適応となります。

どのようにだんご鼻を改善できるのか?

鼻中隔延長術によって鼻筋を延ばし鼻先を下に向けることで、だんご鼻が目立たなくなるケースもあります。

ただ、見た目の変化が分かりにくいことも多く、だんご鼻に対する効果はそこまで見込めないかもしれません。

メリット・デメリット

【メリット】

ブタ鼻を解消できることが一番のメリット(特徴)。だんご鼻改善のための施術としては、あまり大きなメリットは見つかりません。

【デメリット】

主なデメリットとしては、見た目の変化(効果)が少ないことが挙げられます。また、手術に伴うリスクも少なくないので、しっかりと把握しておくべきでしょう。

鼻中隔延長術後のダウンタイム

腫れ…大きな腫れは1週間程度(個人差があります)

入院の必要性…なし(ギプスやテーピングによる固定が3~7日間程必要)

シャワー…施術当日からOK(ギプスやテーピングが濡れないよう注意)

入浴…熱いお湯につかるのは術後1週間後くらい~

洗髪…施術当日からOK(ギプスやテーピングが濡れないよう注意)

メイク…洗顔ができないため、ギプスが取れるまでメイクはしないほうがいいでしょう。どうしてもメイクしたい場合は、メイクを落とす際にギプスやテーピングの周りが濡れない範囲で行ってください。

鼻中隔延長術のリスク

主なリスクとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 鼻先に移植した軟骨の輪郭が浮き出てしまう…鼻先の皮膚を強引に軟骨で突っ張らせる手術のため、一定の確率で起こってしまいます。もともと鼻先の皮膚が薄い場合や、延長量が多い場合に確率が高くなるでしょう。また、皮膚は年齢とともに薄くなるため、歳をとってから軟骨の輪郭が浮き出てくる可能性もあります。
  • 鼻が曲がってしまう…鼻中隔延長は鼻中隔軟骨を延ばすために長い板状の軟骨を継ぎ足す手術ですが、長い板状の軟骨は時間が経つとともに曲がってくることも。また、長い板状の軟骨で鼻先の皮膚を無理に突っ張らせているため、皮膚の元に戻ろうとする力が働いて、移植した軟骨が曲がってしまうこともあるようです。
  • 鼻の通りが悪くなってしまう…大量の軟骨を鼻の穴の中に(鼻中隔軟骨を挟み込むように)移植する手術のため、鼻の穴の中の容積が減ってしまい、その結果鼻の通りが悪くなることがあります。

鼻中隔延長術の失敗例

  • 曲がってしまった…移植した軟骨が変形を起こし、想定外の方向に鼻先が向いてしまうことがあります。
  • 突き破ってしまった…鼻先の軟骨が突き破って出てきてしまうケースも。鼻先が炎症による赤みを帯びてきたら失敗の可能性が高いので、早めの修正手術が必要となります。
  • 長過ぎる…とくに肋軟骨を移植した場合、鼻先の延長量が大きいため、長くなり過ぎて不自然な仕上がりになるケースがあります。
  • 不自然、違和感のある仕上がりになった…全体のバランスを考えずに鼻中隔延長術を行うと、長くなり過ぎたり、高くなり過ぎたり、アップノーズになってしまったりといった失敗を招きます。
  • 変化がない…主に軟骨の吸収が原因。とくに豚の軟骨を用いた場合に起こり得ます。耳介軟骨や鼻中隔軟骨等に添えて挿入する場合は吸収されても問題ありませんが、豚の軟骨のみの場合は吸収されてしまうことで効果が出ない失敗例があります。

鼻中隔延長術の相場

鼻中隔延長の料金相場は60~90万円程度が目安。

どのくらい延長するのか(どこから軟骨を採取するのか)によって料金も変わってくるようですが、鼻の整形術の中では比較的高額となります。

杉浦先生の見解

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

鼻中隔延長術ではあまり変化が分からない

鼻中隔延長術は、クリニックや先生の方針によって、何で延長をするのか(軟骨なのかヒアルロン酸なのか)が異なります。また、一口にだんご鼻といってもそれぞれで、鼻中隔延長術が必要かどうかは人によって違ってきます。

私のところにも「アップノーズになっているから鼻先を下げたい」といったようなイメージだけで来られる方もいますが、鼻中隔延長術ではあまり変化が分からないのでおすすめしていません。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。