~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

プロテーゼでだんご鼻を解消

プロテーゼを入れることによってだんご鼻が解消できるかどうかリサーチしています。ぜひ参考にしてください。

プロテーゼでだんご鼻を解消できるか徹底リサーチ!

プロテーゼによる隆鼻術の概要

「隆鼻術」と呼ばれる施術で、プロテーゼ(シリコンプロテーゼ)を鼻に入れることによって、鼻の高さを出したり、鼻筋を通したりすることができます。具体的には、目と目の間あたり~鼻先の上までを高くすることが可能。効果は半永久的です。

プロテーゼは鼻の穴の内側から挿入するため、傷跡が外から目立ってしまう心配はありません。また、施術時間が30分程度と長くないのも特徴です。

改善できる鼻の悩み

プロテーゼは鼻を高くしたい人に適した施術です。

  • 鼻全体を高くしたい
  • 鼻筋をスッと通したい
  • 半永久的に鼻を高くしたい
  • 目と目が離れて見える…

どのようにだんご鼻を改善できるのか?

上で紹介したように、プロテーゼを入れる隆鼻術はあくまでも鼻の高さを出すための施術です。

しかし、鼻の筋が通って鼻全体が高くなったことにより、だんご鼻が目立たなくなるケースもあります。

メリット・デメリット

プロテーゼを入れることによるだんご鼻の治療について、メリット・デメリットをそれぞれまとめてみました。

【メリット】

鼻自体が高くなり、そのうえでだんご鼻が目立たなくなります(だんご鼻が解消するというよりは、だんご鼻のイメージが少なくなるといった仕上がりです)。

【デメリット】

異物を入れる施術のため、身体への負担は少なくないにも関わらず、だんご鼻に対する効果は絶対ではありません。どこまでだんご鼻を解消できるかは実際に施術を行ってみないと分からないといえるでしょう。また、術後のダウンタイムが長いのもデメリットのひとつです。

プロテーゼ挿入後のダウンタイム

  • 腫れ…プロテーゼを入れた箇所を中心に腫れが強く出ます。個人差はありますが目の下など施術していない目の周辺まで腫れることもあります。大きな腫れはだいたい3~7日程で、1~2週間経てば徐々に引いてくるでしょう(個人差があります)。ただ、腫れは徐々に引いていくため、完成形となるのは3~6ヶ月程度後です。
  • 入院の必要性…なし
  • シャワー…施術当日からOK
  • 洗髪…施術当日からOK
  • メイク…洗顔ができないため、メイクは行わない方がいいです。術後1週間程度は手術箇所が不安定で強く押さえれば痛みも出るため、ゴシゴシこすったり押さえ付けたりしないよう注意しましょう。
  • 洗顔…当日の洗顔は避けましょう。固定のテープをつけるため、テープが取れるまでは拭き取り洗顔が望ましいです。

プロテーゼで鼻を高くするリスク

代表的なリスクとして挙げられるのが、プロテーゼの輪郭が浮き出てしまう(明らかにプロテーゼが入っている見た目になってしまう)というものです。

以下のように、その人に適していない形やサイズのプロテーゼを入れてしまった場合や間違った手術を行った場合に生じるリスクと言えるでしょう。

  • 「I型」でなく「L型」のプロテーゼを使用した
  • 骨膜下でなく皮下にプロテーゼを挿入した
  • 皮膚が薄い人に対し、極端に高いプロテーゼを挿入した

など

プロテーゼによる隆鼻術の失敗例

プロテーゼの失敗は、ドクターの技術・経験不足によるもののほか、プロテーゼという人工物特有の避けられないものもあります。以下に、主な失敗例を挙げてみました。

  • プロテーゼの輪郭が浮き出てしまう…その人に適さない形・サイズのプロテーゼを入れた場合や、間違った手術をした場合などに起こります。
  • 鼻プロテーゼがズレてしまう…プロテーゼの挿入スペースの位置が本来挿入すべき位置からズレていた場合、もしくは、もともと鼻筋が曲がっていた場合に起こります。
  • プロテーゼが透けて見える、不自然な硬さがある…プロテーゼを骨膜の上に入れてしまった場合に起こります。
  • 鼻筋が不自然(高過ぎる、左右差がある等)…術前のデザインが良くなかった場合、また、入れたプロテーゼの経年劣化による場合があります。

プロテーゼによる隆鼻術の相場

プロテーゼを用いた隆鼻術の料金相場は30~40万円程度となります。

ただ、入れるプロテーゼの種類や、クリニックの方針によっても大きく異なるので事前にしっかり確認しておきましょう。

よく併用されるその他の施術

眉間~鼻先の上までだけでなく鼻先まで高さを出したい場合や、鼻先だけ高さを出したい場合などは、「耳介軟骨移植」を検討することもあります。

また、「鼻尖形成術」と併用すれば、高さも出しながらだんご鼻の修正もしっかりできます。

杉浦先生の見解

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

プロテーゼだけでだんご鼻を解消するのは正直難しい

プロテーゼは基本的に鼻を高くする目的で行う施術です。ただ、だんご鼻は鼻先が丸くなければ多少解消したように見えるので、プロテーゼを入れることによって鼻筋が通れば、だんご鼻が少し目立たなくなる人もいます。

個人的には、あくまで鼻の高さを出すための施術であるプロテーゼを、だんご鼻を治す目的には使わないですね。

また、最近はプロテーゼを入れて耳介軟骨も入れるという方法でだんご鼻の解消にアプローチするケースも多いですが、私からすると「工程が多くなってしまうからもっとシンプルにできる方法を採用すればいいのになあ…」と思います。鼻先の形そのものを変えることもできませんので。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。