~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

小鼻と鼻尖の違いは?

「小鼻」は、鼻の横側のこと。「鼻尖」は、鼻先のことです。
杉浦功修院長
院長杉浦功修
小鼻は笑ったりすると動く箇所なので、糸で留めるだけだと後戻りするリスクがあります。そのため小鼻縮小を行う場合は、基本的には内側から切って小さくするのが一般的です。
また、小鼻と鼻尖を同時に手術するケースもあります。

小鼻を小さくする施術

小鼻(鼻尖)を小さくするための美容整形術としては、「尾翼縮小術(小鼻縮小術)」があります。以下に、鼻翼縮小術の概要と一般的なリスクをまとめてみました。

鼻翼縮小

小鼻が横に広がっている、鼻の穴の大きさが気になる、小鼻を小さくしたい…といった悩みの解消に適している施術。鼻の穴の内側から小鼻の溝に向かって数mm程度の切除を行い、横に広がった小鼻のバランスを取って縫合します

術式には「外側法」「内側法」の2通りがあります。

●外側法…小鼻の外側の余計な皮膚と組織を切除し、縫合。小鼻自体が外に張り出している場合におすすめです。ただ、皮膚や組織を無理に切除すると傷跡が目立ってしまいます。

●内側法…鼻の穴の中の余計な皮膚と組織を切除し、縫合。主に、鼻の穴を小さくするのが目的です。小鼻が外側に張り出しているわけではないけれど鼻の穴が大きい…という場合におすすめ。

【リスク】

必要以上に小鼻の切除をすると、小鼻の丸みがまったくなくなって不自然な仕上がりに。鼻の穴が細長くなり、手術したことが丸分かりの鼻になる恐れもあるので、その人の鼻に合った適切な施術を行うことが重要です。

鼻尖を小さくする施術

鼻尖(鼻先)を小さくするための美容整形術としては、「鼻尖縮小術」があります。以下に、鼻尖縮小術の概要と、一般的に言われているリスクをまとめてみました。

鼻尖縮小

鼻先の丸みが気になる、膨らんだ鼻先が嫌だ…といった悩みを解消できる施術。鼻尖の丸みや膨らみを修正して細くし、シュッとしたきれいな鼻先をつくることができます。

術式はいくつかあり、鼻尖の軟骨を切り取る手術や切り離す手術もありますが、おすすめなのは切らない施術。鼻尖の中心部の軟骨や余計な皮下組織を除去し、左右に開いた鼻尖の軟骨(鼻翼軟骨)を中央に寄せて縫い合わせます

【リスク】

無理なデザインや医師の経験不足などにより、アップノーズやピンチノーズ、ポリービーク変形といった不自然な仕上がりになってしまう可能性も。また、元の鼻に適さない術式で行うと、後戻りしてしまったり、そもそもだんご鼻が治っていない…といったことも起こり得ます。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。