~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

日本人女性における美しい鼻「美鼻」の条件とは

特徴的な鼻の種類

欧米人に多く見られる大きくて高い鼻、日本人に多い小さくて低い鼻などざっくりとした鼻の形がありますが、これ以外にも様々な鼻の種類があります。どのようなものがあるのか見ていきましょう。

団子鼻

団子という名前にあるように、鼻の先端部分が丸みを帯びている鼻の形。日本人に比較的多いタイプの鼻でコンプレックスに感じている人もいるようですが、かわいらしさや親しみやすさを感じさせてくれるタイプの鼻だといえます。

ニンニク鼻

団子鼻とよく似た形をしているニンニク鼻は、笑った時に鼻が左右に大きく広がり、その形がニンニクに似ているため、このように呼ばれています。笑った時に表情が大きく変わる鼻ですが、日本人の中ではどちらかというと珍しいタイプの鼻です。

ブタ鼻

ブタ鼻とは、鼻の先端部分が上に向いているため、正面から見ても鼻の穴が見えてしまう鼻のことを言います。日本人に多いタイプの鼻の形で、アニメのキャラクターでいうと、ドラえもんに出てくるジャイアンのような形です。

あぐら鼻

小鼻が横に広がってしまっているため、人があぐらをかいているかのように見えるのが、あぐら鼻の由来。実際の鼻の高さよりも低く見られ、顔があか抜けないことが多いため、高い鼻にあこがれを持っている人はコンプレックスに感じることが多い鼻です。

鷲鼻

横から見た時の鼻筋が途中でくぼんでいるのではなく、逆に膨らんでいるタイプの鼻。魔女鼻と呼ばれることもあります。鷲鼻は、堂々としている印象を与えますが、親しみやすさに欠けるのが特徴です。

ギリシャ鼻

あまり聞きなじみのないギリシャ鼻は、横から見た時におでこから鼻先までがナチュラルにつながっている凹凸のない鼻のことを指す言葉。凹凸がないため、鼻筋が通り、シャープに見えます。

ローマ鼻

目頭のあたりにあるくぼみから鼻先までが一直線になっているタイプの鼻がこのローマ鼻。華やかな印象を与える鼻で、日本人の顔にも相性が良いので、この鼻を理想とする人も多いのだとか。

日本人女性の鼻の特徴は

日本人女性の鼻は、大きいか小さいかで言うと、大半が小さい鼻です。自分の指で鼻の付け根をつまんだ時つまみにくいと感じた方は比較的小さい傾向が強いです。日本人らしく可愛らしい印象を与える小さい鼻というのもマイナスポイントではありません。それでも、可愛いよりも美人な女性を目指すのであれば、小さい鼻は少し物足りないと思うこともあるようです。

さらに細かく見ていくと、日本人女性に多いのは団子鼻、豚鼻、鷲鼻の3つ。中でも一番、多いのが団子鼻です。鼻先が丸くころんとした印象の鼻で、コンプレックスに思う人も多いようですが、実は人気のアイドルや女優さんにも結構、団子鼻の人は見受けられます。

美鼻は大きさよりも形で決まる?

美鼻とは、どのような鼻のことを言うのでしょうか。大きさと形が理想的であれば一番なのですが、どちらかというと、大きさよりも形の方が重要だとされています。

日本人のなりたい鼻、美しい鼻

美鼻と呼ばれるための条件にはどのようなものがあるのか、確認していきましょう。

まず鼻の幅ですが、一般的には目の幅と同じくらいの幅が良いとされています。左右の小鼻の端と端が目の幅と同じか、もしくは2mm程度、狭いのがベストです。また、目だけでなく、口の幅と比較して3分の2程度というのも美鼻の条件とされています。ですので、目や口だけのどちらか1つと比較するのではなく、総合的に判断することが重要です。

次に鼻そのものの形についてですが、まず重要となるのが鼻先です。目安となるのは、正面から見て、左右の小鼻の付け根を結んだ直線と比べてどうかということ。ラインより上にあれば、いわゆるブタ鼻と呼ばれ、理想的なのは、ライン上にあるか、少しだけ下にあるケースです。

横から見た場合の美鼻は、鼻の上の付け根から鼻先にかけて、一直線になっているかカタカナの「ノ」のような少しくぼみがある鼻です。くぼみの部分が逆に膨らんでしまっている、いわゆる「鷲鼻」は、老けてみられるという方と欧米人の様な華やかな印象を持たれ芸能人に多いとも言われれています。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。