~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

鼻中隔延長と鼻尖縮小の違いは何?

鼻尖縮小は、鼻尖(鼻の先)を小さく、細くする施術です。
杉浦功修院長
院長杉浦功修
鼻中隔延長は、鼻先の下を延ばす施術です。軟骨やヒアルロン酸を入れて延ばすのですが、この施術だけを行っても、思ったような効果が得られないケースが多いと思います。鼻中隔延長をしたいという人はいわゆる「アップノーズ(正面から鼻の穴が見える鼻)」で、鼻の穴を見えなくするためにこの施術をしたいと考えるようなのですが、持論ではあまり効果がないと思っています。患者さんの満足度の問題ではあるのですが、「この施術を行えば鼻が大きく変わる!」ということは正直ないでしょう。

また、アップノーズを修正するには、鼻のバランスを総合的にみる必要があります。意外にも、顎を整えることでアップノーズが解消されることもあるんです。アップノーズの原因は“顎がない顔”であり、顔を無意識に上げてしまうことでアップノーズに見えているケースがあるのです。その場合には、顎の修正で解決したりします。

鼻尖縮小と鼻中隔延長の違いの詳細

ここからは、鼻中隔延長と鼻尖縮小の違いについて、分かりやすく解説しています。

鼻尖縮小というのは、鼻先を細く小さくする施術。主にだんご鼻を修正するために行います。

一方、鼻中隔延長とは、鼻の穴の間(鼻柱)を延ばす施術。鼻先の角度を下向きにできるため、主にブタ鼻を解消するために行います。

鼻尖縮小にできて鼻中核延長にできないこと

鼻尖縮小では、鼻先の形を細く整えてスッキリとさせることができます。そのため、鼻先に丸み・膨らみのあるだんご鼻の場合、この丸みや膨らみを解消してキレイに尖らせることができるのです。

一方、鼻中隔延長では、鼻先を細くすることはできません。あくまでも、鼻筋を長く延ばすことが目的の施術だからです。ただ、鼻の形状によっては、鼻筋を延ばして鼻先を下に向けることで、結果的にだんご鼻が目立たなくなるケースもあるようです。

鼻中核延長にできて鼻尖縮小にできないこと

鼻中隔延長では、鼻の穴を左右に分けている壁である「鼻中隔」を延ばして、鼻筋を長くすることができます。そのため、鼻が短い・鼻が上向きのブタ鼻である・鼻の穴が見えやすい・鼻の下が長く見える…といった悩みを解決できます。また、L型プロテーゼによる変形の修正にも適しています。

一方、鼻尖縮小は、鼻先を細く(小さく)するための施術であるため、鼻中隔延長のように鼻筋を延ばすことはできません
ちなみに、鼻中隔延長と鼻尖縮小を同時に行うことで、上向きの鼻を修正するだけでなく鼻先も細くして、よりスッキリとしたきれいな鼻にすることができます。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。