~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

糸を使う鼻尖縮小術はリスクがあるの?

施術を行う医師にちゃんとした技術があれば、もちろん糸でも効果はありますし、全く問題ありません。
杉浦功修院長
院長杉浦功修
むしろ、患者さんのニーズとして「腫れないように、シンプルに鼻先を改善したい」というのがありますので、糸で比較的簡単に鼻がキレイになるならば、その方が良いですよね。

いろいろなやり方があるので、しっかり検討して悩んで決めてもらいたいと思いますが、切らずに治したいという患者さんでも、切ってしっかり解消したいと考えている患者さんでも、その方に適した、できることを施術すればいいのではないかと思います。

ちなみに、糸を使った施術による最大のメリットは、やはりシンプルでダウンタイムも少なく鼻先を整えられるという点。逆にデメリットは、一般的な鼻尖縮小は変化が少ないという点です。ただ、仕上がりは医師の腕によって大きく変わってくるので、医師選びは最も重要かもしれませんね。

糸を使うメリット

糸を使った施術に共通して言えるメリットは、やはり手軽にできるという点。施術時間やダウンタイムも比較的短くて済み、その分身体への負担も少ないといえるでしょう。「メスを使って切開する手術にはちょっと抵抗がある…」という方にはとてもおすすめです。

ちなみに鼻尖縮小の場合、糸を用いたやり方を選択すると、軟骨を切り取ったり切り離したりする手術のように鼻尖の形の調整や再手術が難しくなってしまうこともありません。

糸を使うデメリット

糸を使った施術に共通して言えるデメリットは、次のようなものがあります。

長期間の効果は見込めない

挿入糸による周囲のコラーゲンの線維化効果も期待でき、しばらく自然な仕上がりを維持できますが、徐々に戻ってしまうというケースもあります。その場合には、改めて挿入し直すか別の方法を検討するのがよいでしょう。

糸が出てきてしまう可能性がある

医師の技術力が不足していると、外側に糸が出てきてしまうことも。その場合には、早急に抜糸などの処置を行う必要があります。

感染症が起きてしまう可能性がある

稀ではありますが、感染症になってしまうケースも。異常な腫れや痛み、違和感などを感じたら、すぐにクリニックに相談しましょう。

糸の本数によっては費用が高くなってしまう

1本あたりの価格は高額でなくても、本数が多くなるとその分高くなってしまいます。どれくらいの糸を使うことになるのか、事前によく確認しておきましょう。

糸を使う鼻の施術

糸を用いて行う施術には、主に鼻尖縮小と小鼻縮小があります。以下に、それぞれの概要を簡単にまとめてみました。

鼻尖縮小

鼻先(鼻尖)を細くキレイに尖らせる鼻尖縮小も、糸を用いて行うことができます。

やり方としては、鼻尖の中心部分にある軟骨や余分な皮下組織を取り除き、鼻翼軟骨(左右に開いた鼻尖の軟骨)を真ん中に寄せて縫い合わせます。

施術時間はたったの10~20分程度。鼻尖の軟骨を切り取ったり切り離したりする手術の場合は1時間程かかるので、大幅に施術時間を短くできます。

小鼻縮小

小鼻の膨らみが気になる方、笑ったときに鼻が広がったり鼻の穴が目立ってしまう方におすすめの小鼻縮小も、糸を用いて行うことができます。

やり方としては、糸を埋没させて両小鼻を縫い縮めることで小鼻を小さくし、丸みを軽減させます。

施術時間は30分程度です。

杉浦功修院長
院長
杉浦功修

糸を使う鼻尖縮小のリスクが気になる方へ

糸を使う施術はメスを使う鼻尖縮小よりも施術時間が短く、ダウンタイムも短期間で済みます。体への負担を減らしつつも鼻先を整えられるのが魅力です。糸の場合が10~20分に対し、軟骨を切り取る施術の場合は1時間程度と差は歴然。少ないリスクで鼻の形を整えたい方は、糸を使う鼻尖縮小の施術経験が豊富なクリニックを選びましょう。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。