~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

大きい鼻を小さくしたい

だんご鼻の中でもとくに多いと言われる、鼻先が大きいタイプ。

ここでは、そんな鼻先が大きいタイプの場合に与える印象や、顔の特徴などをまとめるとともに、大きい鼻を小さくするのに適した美容整形術を一覧で紹介していきたいと思います。

鼻が大きいことで悩んでいる方、効果的に鼻を小さくできる美容整形術を知りたい方などは、ぜひ参考にしてくださいね!

大きい鼻の特徴とは?

自分の鼻が大きい…と悩んでいる方も、結構多いのではないでしょうか?

顔全体のバランスに対して鼻が大きいと、何となく男性的な印象を持たれる傾向にあるようです。そのため、「自己主張が強そうな女性だな…」なんて思われてしまうケースも少なくないよう。

ただ、目も大きくてパッチリしている場合には、そこまで鼻の大きさばかりが目立つことはなく、むしろ“凛々しくて自立した大人の女性”といった印象を持ってもらえることもあります。実際、鼻が大きくても美人の女性はたくさんいますよね。

つまり、鼻の大きさというのは、顔の大きさや他のパーツとのバランスが大事ということなのでしょう。顔の大きさや他のパーツと比べたときに横の幅や縦の長さ、高さが目立つケースが、いわゆる「大きい鼻」になるわけです。

全体のバランスを見ても「やっぱり鼻が大きい」という方は、美容整形で対策することももちろん可能です!

鼻を小さく!メイクでごまかす方法

鼻の形を変えなくても、メイクの力で鼻を小さく見せることはできます!ここでは、悩み別のメイク術をまとめました。動画で手順を確認しながらチャレンジしてみましょう。市販で買えるグッズも紹介しています。

メイク編

まず、鼻でかさんの絶対押さえておくべきポイントは…

鼻を小さく見せるために不可欠な化粧品は「ノーズシャドウ」です。リキッドタイプ、パウダータイプなどがありますが、自然に肌になじんで落ちにくいものを選びましょう。

  1. 理想の鼻筋を決め、ノーズシャドウを鼻の真ん中から鼻先に向かってのせていきます。
  2. 鼻先はカーブを描くようにのせたら、ぼかしていきます。小鼻部分は外側に軽くはらうように、鼻筋部分は上に真っすぐぼかしていきましょう。
  3. 仕上げにフェイスパウダーをのせたら完成!

ただ、花粉症や鼻炎の方はどうしても鼻をかむ機会が多いので、こまめなメイク直しが必要です。メイク練習をしてサクッと直せるようにしましょう。

小鼻を小さく見せるメイク術

よくある化粧品を使い、小鼻を小さく見せるメイク術を紹介します。用意するものは、「ハイライト」と「ノーズシャドウ」。それぞれの使い方とポイントをメイク動画で見ていきましょう。

  1. 化粧筆または指先にハイライトをとり、鼻筋から鼻先までのせます。ハイライトは顔の高いところにのせることでその部分を明るく見せ、陰影が出て立体感のある顔に仕上げてくれます。
  2. より顔にメリハリが出るよう、おでこにもハイライトをのせましょう。おでこはふんわり入れると丸みのあるおでこに見え、鼻筋は細く入れると膨張せずにスッキリ見せてくれます。
  3. ファンデーションよりも暗いノーズシャドウをとり、小鼻全体をつぶしていくようにクルクルとのせます。
  4. そのまま鼻筋に沿って目元下までのせていきましょう。ノーズシャドウを入れることで陰影部分ができ、ハイライトが強調されて鼻筋がシュッと見えます。
  5. 鼻先はクロスするようにノーズシャドウを入れましょう。鼻先の丸さがなくなり高さが強調されます。
  6. 顔のホリを深く見せたい方は、眉頭から鼻筋にかけて入れることで目元に影ができ鼻の高さが引き立ちますよ。ノーズシャドウがない場合は、暗めのアイシャドウでも代用OKです。

鼻先を小さく見せるメイク術

「ハイライト」と「ノーズシャドウ」で鼻先を小さく見せるメイク術の動画を紹介します。普段のメイクにひと手間加えることで、鼻の印象が大きく変わります。

  1. 化粧下地を塗り、肌の色を整えます。
  2. 肌の色に合ったファンデーションをぬった後、ワントーン明るいファンデーションを鼻筋・目の下・口の下・小鼻まわりにぬっていきましょう。立体感のある顔をベースメイクから作っていきます。
  3. 眉メイクをしたら、ここでハイライトの出番です。Tゾーンにハイライトをのせましょう。ポイントは白色でパールが強いハイライトを選ぶこと。ツヤが出るだけではなく、鼻筋がパッと明るくなり鼻が高く見えます。
  4. 暗めのノーズシャドウを眉頭から鼻の真ん中までのせていきます。ポイントは鼻先までノーズシャドウをのせないこと。鼻の根元部分だけ入れることでしっかり鼻筋が通った印象になり、ホリの深さが強調されて鼻先から視線を逸らすことができます。
  5. あとはアイシャドウやマスカラ、チークなど普段のメイクをするだけ。

ハイライトとノーズシャドウを使ったメイク術を紹介しましたが、ほかにも、鼻先を小さく見せてだんご鼻をごまかすメイク術をまとめています。気になる方はチェックしてくださいね。

メイク編:だんご鼻をごまかす方法をチェックする>>

グッズ編

メイクで見た目を変えるのではなく、鼻の形を整えることを目的としたグッズを紹介します。ただ、根本的に解決するものではありません。

ミニプチ整形

寝る前に絆創膏サイズのテープを鼻筋に貼ることで、小鼻の広がりをきゅっと引き締めるグッズ。貼る前にテープを一度伸ばして戻し、そっと包み込むように貼るとテープの戻る力で皮膚をひっぱってくれます。1箱37枚入りで約2ヶ月使用できます。

ツンデレラ

ツンデレラは、4つのパットで鼻筋と小鼻を挟み込む鼻補整器具です。鼻の形の悩みで多い小鼻と鼻筋へピンポイントにアプローチします。医療素材のβチタンフレームを使用しているので、一人ひとりの鼻の形に柔軟に合わせられるようにできています。

1日30分の使用でOKなので、自宅で家事やゆっくり過ごしながら装着できます。

OMNI(オムニ)ビューティーリフトハイノーズ

鼻の形を整えて高くすることを目的とした鼻用美容器具です。鼻筋を挟み、鼻の穴に「持ち上げサポーター」と呼ばれるパーツを入れ、軟骨を押し上げます。振動スイッチを入れて鼻骨に3分間の振動を与えることで、鼻の高くなるようアプローチするのだそう。鼻の横・前・下の全方向から刺激するグッズです。

グッズ編:だんご鼻をごまかす方法をチェックする>>

クリニックで治せる施術

それではさっそく、大きい鼻を小さくするのに適した美容整形術を見ていきましょう!ここでは4つの施術を紹介しており、それぞれの施術について、簡単な概要をまとめています。

鼻尖縮小術

鼻尖縮小は、鼻先の形や大きさを整えてすっきりとさせるための施術。そのため、鼻先が大きいタイプのだんご鼻を小さく修正するのにはぴったりです。

具体的なやり方としては、左右に開いてしまった鼻軟骨を中央へと寄せて縫合する比較的手軽な施術のほか、鼻先の軟骨を切り取るやや大掛かりなものもあります(クリニックや医師の方針などによって異なるようです)。もともとの鼻の状態や仕上がりの希望などを考慮しながら、カウンセリングでよく相談して決めましょう。

小鼻縮小術(鼻翼縮小術)

小鼻が横に大きく広がっていることで鼻全体が大きく見えてしまっている場合には、この小鼻縮小術がおすすめ。小鼻の形を小さく自然に、そして美しく整えることで、鼻の大きさもすっきりと見えるケースがあるからです。

小鼻の幅や大きさを自由に調整できるため、自分に合った仕上がりを実現できるのも魅力。

術式には「内側法」「外側法」の2種類があり、それぞれ効果の程や傷の出方が違うので、よく相談して決めましょう。ちなみに、糸を埋没させて両小鼻を縫い縮めることで丸みを減らし小さくするという、メスを使わないやり方もあるようです。

鼻尖形成術

鼻尖形成術とは、鼻先を高くしたり長さを出したり、形を整えたりするための施術を指します。

上で紹介した「鼻尖縮小術」もこの鼻尖形成術の中のひとつとして考えられることが多いのですが、鼻尖形成術は、鼻先の細さだけでなく高さや長さに対して行なう施術なども含めて扱われるのが一般的です。

基本的には、鼻先に軟骨を移植することで鼻先を高くしたり、長さを出したりするのですが、高さや長さを出すことで鼻先の形が整ってすっきりとし、大きさも気にならなくなるケースもあるよう

具体的な手術の方法についてはカウンセリングで医師とよく相談しましょう。

BNLS注射

BNLS注射とは、特別に配合された薬剤を皮膚下に注入することで、脂肪を溶解させる施術です。

シェイプアップ目的で全身に用いられる施術ですが、鼻の先端や小鼻のわき、鼻筋などには意外と皮下脂肪が付きやすいため、その皮下脂肪を溶解することで、鼻の形や大きさをすっきりとさせられるケースもあると言います。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。