~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

ぺちゃんこ代表!ない鼻筋を改善したい

ここでは、鼻筋がないことが気になっている人のために、スッとしたきれいな鼻筋を作るのに適した美容整形術を一覧で紹介しています。鼻筋がない顔が与える印象についてもまとめてみました。

ぜひ、参考にしていただければと思います!

鼻筋がない鼻の特徴とは?

スッと通った美しい鼻筋には、誰もが憧れますよね。美人の象徴ともいえるでしょう。「もう少し鼻筋の通った顔立ちだったらな…」そんなふうに悩んでいる女性も、多いのではないでしょうか?

では、鼻筋がない低い鼻の場合、どのような印象を持たれることが多いのでしょう?

まずは、平面的でのっぺりとした顔に見られることが多いようです。鼻筋がなく低い鼻は顔の立体感が乏しくなるので、全体的に平べったく地味な印象を与えてしまうよう。

また、幼い印象に見られてしまうことも多いかもしれません。

ただ、鼻筋がない低い鼻でも、ぱっちりとした二重やぷっくりセクシーな唇を持っている場合は、顔全体ではバランスよく見えることもあるようですよ。

クリニックで治せる施術

それではさっそく、鼻筋が通っていない人がスッと美しい鼻筋を通すためにできる美容整形術を見ていきましょう!ここでは4つの施術をご紹介します。それぞれについて、簡単な概要をまとめてみました。

ヒアルロン酸注入(プチ隆鼻術)

保湿・保水成分としてよく知られるヒアルロン酸。このヒアルロン酸を注射器で鼻に注入することで、鼻筋を形成することができます。いわゆる「プチ隆鼻術」にあたる施術ですね。

「鼻筋をスッと通したいけれど、顔にメスを入れるのはこわい…」という方におすすめ。注射だけの手軽な施術なので、その分身体への負担も少なくて済みます。

ただ、注入されたヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収されてしまいます。そのため、効果は永久的ではありません。どれくらいの期間効果が持続するかは個人差がありますが、施術後の良い状態を保つには、だいたい3ヶ月ごとに再注入を行うのが良いようです。

ちなみに、ヒアルロン酸によるプチ隆鼻術では鼻先の高さや長さを変えることまでは望めません。あくまでも「鼻筋を通したい」という方におすすめできる施術です。

プロテーゼによる隆鼻術

鼻筋を通したい、鼻を高くしたいという場合にまず思い浮かぶ美容整形術が、このプロテーゼによる隆鼻術ではないでしょうか?

人の軟骨に近い、柔らかな感触のシリコン製プロテーゼを鼻に直接挿入し、高さを出す施術です。プロテーゼにはI型とL型があり、それぞれの鼻に合った形に整えて鼻筋に固定します。

鼻の穴の内部を切開して行うため、切開した跡が顔の見える部分に残ってしまう心配はありません。また、ヒアルロン酸注入と違って体内に吸収されてしまうこともないため、その効果は半永久的です。

鼻尖縮小

丸い鼻先や大きな鼻先をシュッと細く整える施術ですが、この鼻先縮小を行うことで、鼻先が尖るため鼻筋が通ったように見えるケースもあります。個人差があると思うので、医師とよく相談してみましょう。

施術の具体的な方法ですが、軟骨が広がっている鼻先を糸でキュッと寄せることによって鼻先の膨らみを小さくします。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。鼻尖縮小の施術だけでも数千例以上、今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。