~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

~プチ整形から自力で治す方法まで大特集!~

脂肪が厚い鼻を小さくする方法

ここでは、鼻に厚い脂肪がついているタイプのだんご鼻におすすめできる美容施術を紹介しています。

また、脂肪が厚いだんご鼻の特徴や、顔の印象などについてもまとめてみました。

脂肪によるだんご鼻でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

脂肪が厚い鼻の特徴とは?

「そもそも鼻に脂肪がつくことなんてないでしょ…?」と、思われた方も多いのではないでしょうか?しかし、鼻の先端辺りや鼻筋、小鼻の脇などには、意外と皮下脂肪がつきやすいのだとか。

鼻周りに厚い脂肪がついていることで、その脂肪によって鼻の丸みや膨らみが大きくなり、よりだんご鼻が助長されてしまっているというケースもあるそうです。

鼻が丸くて膨らんでいるだんご鼻は、顔の印象を全体的にやぼったく、田舎っぽい雰囲気にしてしまいます

クリニックで治せる施術

それではさっそく、厚い脂肪によって鼻の丸みや膨らみが出ているタイプのだんご鼻を解消するのに適した美容整形術について、一覧で見てみましょう。ここでは、全部で4つの施術を挙げてみました。それぞれの施術について簡単な概要や特徴などをまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

BNLS注射

脂肪が蓄積していることによるだんご鼻の場合、治療に最も適しているのはこのBNLS注射です。

BNLS注射とは、専用の薬剤を皮膚下に直接注入することで、注入箇所の脂肪を溶解させるというもの。シェイプアップの目的で全身のさまざまな部位に用いられている治療ですが、厚い脂肪のついた鼻をすっきりさせるために用いられるケースも少なくありません。

軟骨が横に広がりがちなだんご鼻においては、皮下脂肪がつきやすい状態にあるそう。その皮下脂肪が鼻先の丸み・膨らみをより大きく見せてしまっている場合もあり、その場合には、このBNLS注射を打つことで脂肪溶解ができるため、すっきりとしたシルエットの鼻に近つけることができるというわけなのです。

ただし、当然ですが、脂肪の蓄積が原因となっている丸み・膨らみではない場合、BNLS注射による効果は得られません。そのため、事前のカウンセリングで医師にしっかりと診断してもらう必要があるといえるでしょう。

鼻尖縮小術

脂肪が厚いことで鼻先が丸み・膨らみを帯びてだんご鼻になってしまっている場合、だんご鼻の治療としてよく用いられる鼻尖縮小術もおすすめできます。

鼻尖縮小術は、鼻先の大きさや形を整えてすっきりさせるための施術。鼻先の気になる丸みや膨らみを改善し、シュッときれいに尖らせることができるのです。

術式はいくつかあり、比較的手軽な糸を使った方法(左右に開いている鼻軟骨を中央へ寄せて縫合)のほか、鼻先の軟骨を切り取るという少し大掛かりなものもあります。クリニックの方針によって異なると思うので、まずはカウンセリングで医師とよく相談しましょう。

鼻尖形成術

鼻尖形成術は、鼻先を高くしたり、鼻筋を長くしたりと、鼻の形を整えられる施術です。

脂肪の蓄積によってだんご鼻のようになってしまっている場合、鼻筋の高さや長さを出すことによって、鼻先の丸み・膨らみが気にならなくなるケースもあります。

ちなみに、1つ上で紹介した「鼻尖縮小術」もこの鼻尖形成術の中のひとつと言えますが、あくまで鼻先を細くすることが目的である鼻尖縮小とは違い、鼻尖形成術は鼻筋の長さや高さに対する施術等も含めて括られるのが一般的です(やり方としては、軟骨を鼻先に移植することで鼻の高さや長さを出すのが基本)。

プロテーゼによる隆鼻術

プロテーゼで鼻筋が通って鼻が高くなることにより、だんご鼻の丸みや膨らみが目立たなくなるケースがあります。脂肪の蓄積によるだんご鼻も同様です。

サイト監修

東京ヒルズクリニック

杉浦 功修院長

         
杉浦功修院長杉浦功修院長

美容外科医として20年以上の実績を持つベテランドクター

長年院長を務め、2016年に自身のクリニックを開院した杉浦先生。今や日本全国だけでなく海外からも患者さんが集まる人気の医師です。